ダイエットと禁煙



ダイエットの敵となるのは新陳代謝の低下です。

新陳代謝の低下を招くのは加齢と運動不足なのですが、もうひとつ、末梢血管の循環不全というものもあります。

皮下脂肪が新陳代謝の影響を受けにくい形に姿を変えたものはセルライトですが、このセルライトには末梢血管の血液循環が十分に届かないことが消しにくい原因なのです。

で、この末しょう循環を悪くする原因の一つにはニコチン摂取があります。つまりたばこの影響が少なからず、循環不全を生んでいるのです。


え?

でも、たばこをやめたらあたし太ったよって?

確かにそうです、たばこをやめたら太る人が多いのは事実です。

それは口寂しくて間食が増えるからです。
そこの所をコントロールできなければいけないのですが、基本的にはタバコは決してダイエットのためにお勧めできる代物ではありません。

できれば禁煙して、運動して、健康な体を手に入れることとダイエットを並列して進めていってほしいものです。



でも、ダイエットと禁煙と、どちらが難しいかというと禁煙ですね。
禁煙なんて無理だ〜という人は、禁煙しないかわりにダイエットするということを宣言されてはいかがでしょうか?

どうしてかって、禁煙は禁断症状でいらいらしたり苦しんだりします。
でも、ダイエットはやり方をうまく選べば空腹でいらいらすることはないから、楽に達成できる目標だからです。

禁煙に比べればダイエットははるかに簡単だから、成功する確率は禁煙よりもずっと高いはずなんです。

一つ下の目標達成であれば少しは達成するプレッシャーから逃れられます。引き換えに禁煙しないでいいというご褒美があれば、余計に継続する意欲も湧きます。

ダイエットを必ず成功させるために、いらいらしないで長くダイエットを続ける方法をしっかり調べてみましょう。




そのためにはどうすればいいのか、自分の性格に合ったh情報をしっかり見極める期間を設けてください。


そもそも、世の中にはさまざまなダイエット方法が溢れていて、
みなさんふりまわされています。(笑)

たとえば今は亡きあるある大辞典のダイエット方法で放送された食材は翌日のスーパーでは午前中に売切れたりしていましたが、3ヶ月もするとダイエットに関係があったことさえ忘れ去られています。(うそは困りますけど)

もったいないですね。
いったんはじめたダイエット方法なのに、熱しやすくさめやすいのでは・・・。


そうなんです、結局のところ、誰かに聞いたダイエット方法に飛び付くことが問題なんですね。

その前にあなた自身を分析しましたか。ダイエットと向き合う自分。それができてないとまた同じことの繰り返しですよ。

あなたにとって最適のダイエット方法がどんなものなのか、ここで具体的に考えてみましょう。
 
posted by dietmasterdenko at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの敵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。