ダイエットのあれこれ BMIと満腹中枢



自分自身に適したダイエットがわかったところで、
次は具体的な方法をいくつか見てみましょう(*^_^*)。

ダイエットに限らず肥満症の治療の指標として、
肥満度を数値にする試みが行われて来ました。

BMIというのが最近はもっぱら使われています。
体重を身長の二乗で割ったときの数値が、一定範囲に入るのが理想です。

もちろん、とても大きな人や子供には該当しません。
でも、そういう指標はかならず定期的にチェックしてください。

それがモチベーションを保つ方法でもあるのです。


さて、次はダイエットに関わる科学的な知識です。

ダイエットするまでもなく、私たちは皆、おなかいっぱいになったら箸を置くように私たちに言う一種のスイッチを脳に持っています。

これが少々壊れ気味なのは日本人の大部分で、
太っていなかったのは日本食のおかげなのです。

食欲中枢とか満腹中枢と言いますが、
それが完全に壊れているようであれば食べても食べてもおなかすきます。
これはもはや病院の出番です。あなたはどうですか?


調べて調べ過ぎということはありません。
情報を吟味してダイエット成功しましょう。
 
posted by dietmasterdenko at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32034126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。