和食なら太らないは本当か?


アメリカのみならず、今や世界中の先進国の街角には日本食料理店があります。

また、スーパーのお総菜コーナーにもにぎりずしや海苔巻き、おそばのサラダなどが並んでいます。

それほど日本食が世界中で愛されるようになった理由の一つに、低カロリーでヘルシーなダイエット食であるという認識があります。


確かに油は使わないですよね。

京都で和食屋さんで食事をするとさらに面白いなと思うのが、脂の乗った魚は避ける傾向にあると言うことです。

京都の夏の風物詩のハモ料理にしても湯引きでさっぱり、少ない油をさらに落としたり。

冬に丹波から取り寄せるぐじ(アマダイ)の一夜干しもよくあぶって油を落としていただきます。


唯一、鯖寿司ぐらいかな、油こってり系のお魚は。

あれにしても京都の年配の方々は一切れでええわと言って、薄味で炊いた野菜食べてはりますよね。

そういう食事中心にしていたらいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。



ふだんの生活の中に和食を取り入れる場合、気をつけておきたいのが、和食の味が濃くなることです。

外国のテリヤキソースなんかなめてみるとよくわかりますが、かなり砂糖が入った濃い目の味のソースです。

若い人に人気の居酒屋さんの煮魚なんかも、味付けは砂糖としょうゆでぎらぎらしています。


和食の怖いところは炭水化物、特に上白糖の使いすぎなんです。

もともとお米が主食ですから炭水化物が多いところにさらに砂糖をふんだんに使うと、どうしても炭水化物が多めになります。

そうすると、インシュリンが出やすくなって、体脂肪を蓄積し易くなるのです。


寝る前に甘いものを食べると太ると言うのはまさしくそれなのですが、

油をいくら削っても、砂糖たっぷりの濃い味付けの和食を食べていては意味がない。

それは忘れないでください。


和食の良さを活かすなら薄味です。

京都料理のお店に行って見られるとよいですよ。


京都ウォーキングダイエット

京都に住んでいて良かったこと

京都には9年間住んでました
 
posted by dietmasterdenko at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットニュース

ミス・ユニバース2008年はベネズエラのDayana Mendozaさん22歳

ダイエットで究極のプロポーションを目指す女性の一つの理想形が世界レベルのミスコンテストの決勝参加者の体型だよね。

なかでも今回のミス・ユニバースの美しさはすごいね。



写真でもわかるようにともかく縦に細長い彼女、
スカートをひるがえして歩く姿はカトンボみたいでもあるけど(笑)、
美脚すさまじいよね。

 3か国語を話すというMendozaさんは最終候補者への質問で、男女の違いについて問われたとき、次のように答えている。「男性より女性のほうがある地点までたどり着く最も早い方法を知っています。男性は、まっすぐ進むことだと考えますが、女性は曲がり道を進むことを考えますから」

ミス・ユニバースの審査基準はインテリジェンスも問われるから、
見た目がきれいなだけで頭空っぽの女性は予選で振り落とされる。

それにしても参加国語べらべらはすごいね。
会話に首をかしげる首のまた細いこと、美首ってことば差し上げたい。


 司会を務めた米トーク番組の司会者ジェリー・スプリンガー(Jerry Springer)に、ミス・ユニバースとして名前を呼ばれた瞬間、黄色のドレスをまとったMendozaさんの目からは喜びの涙が溢れていた。

うん、すごい泣きっぷりと驚きっぷり。
日本人の感覚からすると少し、お口が大きいかなあ。(笑)
ジュリア・ロバーツさんも口大きくてきれいだからま、いいっか。

 Mendozaさんは賞金と、靴、ドレス、化粧品などが入ったギフトバッグを獲得し、ニューヨーク(New York)の豪華な部屋に住み、1年間ミス・ユニバースとして世界中で活動を行う。

 学校、地方の村、そして刑務所でも美人コンテストが行われるというベネズエラは、これまで4人のミス・ユニバースと5人のミス・ワールド(Miss World)を輩出した「美人コンテスト界の超大国」と考えられている。


スーパーモデルの国としてはチェコが有名だけど、
ミス・ユニバースなどの美人コンテストに関しては
ベネズエラの少女たちにとってあこがれの登竜門らしいから、
これからもどんどん美女が送り込まれてくるんだろうね。


負けるな日本の乙女たち!

脚の長さでは負けても、可愛さで勝つのだあ!
 
posted by dietmasterdenko at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットニュース

キム・ソニュがついに顔出し写真

キム・ソニュと言えば韓国出身のスーパーモデル、これまで知る人ぞ知るという彼女だったけれども、とうとうその全貌を明らかにした。

でも、実は全身以外はすでにおなじみの彼女のパーフェクト・ボディ。

というのも、彼女の体の局部のアップはわれわれも何度も視ていたらしいのだ。




2008年7月4日、ソウル城東区(ソンドンク)玉水洞(オクスドン)にあるスタジオにて行われたモバイル写真「コリアグラビア」の撮影現場で、ポーズをとっているモデルのキム・ソニュ(Kim Seon-Yu)。


キム・ソニュ(Kim Seon-Yu)はこれまで数多くの女優のパーツ・モデルをしてきた。

たとえば、これまで、イ・ヒョリ(Lee Hyo-Lee)やチョン・ジヒョン(ジアナ・ジュン、Gianna Jun)、キム・アジュン(Kim A-Joong)ら数多くの女優のパーツモデルをこなしてきた。

こうして影武者として?有名スターのパーツモデルとして活躍してきたスーパーモデル出身のキム・ソニュ(Kim Seon-Yu)が、ついに自分の名前を冠したモバイル写真で、そのパーフェクトボディーの全容を公開したのである。

 7月4日午前、ソウル城東区(ソンドンク)玉水洞(オクスドン)にあるスタジオにて、キム・ソニュのモバイル写真「コリアグラビア」の撮影現場が公開されたのだが、その画像がどれもさすがに素晴らしい。

 2004年の「スーパーモデル選抜大会(The Asia-Pacific Supermodel Contest)」で、スタイル抜群の出場者に贈られるソロ・スリム賞を受賞した彼女は、残念ながらテレビや映画ではその顔を出すことなく、体の一部だけを提供してきた。

キム・ソニュのパーフェクトボディーでは名だたる女優たちのイメージとして使われてきたが、特有の肉感的でセクシーな雰囲気のスレンダーボディがついにキム・ソニュの顔とつながって公開されたわけだ。

これまで彼女が表に出なかったのが不思議なぐらい十分にかわいらしい顔立ちなので、今後は人気を博すことだろう。
 
posted by dietmasterdenko at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。